「東名バスドットコム」サイト作成上で心掛けていることについて

当サイトで使用する文字符号化方式

従来は ISO-2022-JP を使用していましたが、現在、文字処理の容易性などの観点により EUC-JP への移行を行いました。 ただし、iモード用ページについては、Shift_JISを使用しています。

当サイトで文字符号化方式を認識させるために、MIMEヘッダのcharsetパラメータを使用しています (具体的には、 .htaccess ファイルに下記のように記述しています)。 これによって、Webブラウザは、正しい文字符号化方式を判断することができます。 なお、この指定により、HTMLファイル内のMETA要素による文字符号化方式指定は無用の長物 (というか、有るとかえって有害である)となるため、コメントアウトしてあります。

# .htaccess ファイル内容(抄)
# 言語拡張子定義
AddLanguage ja .ja
AddCharset EUC-JP .ja
    # 日本語の文字符号化方式のデフォルトは EUC-JP とする。
    # 言語拡張子の右側に別の文字符号化方式拡張子を指定することにより
    # 文字符号化方式を上書きできる。
    # <http://httpd.apache.org/docs/mod/mod_mime.html>
    # changed 2001/11/03
AddLanguage en .en
# DefaultLanguage ja
LanguagePriority ja en de

# 文字符号化方式拡張子定義
AddCharset ISO-2022-JP .2022jp .jis
AddCharset Shift_JIS .mib17 .shift_jis .sjis
AddCharset EUC-JP .euc-jp .euc
AddCharset UTF-8 .utf-8

参考Webサイト:

当サイトへのアクセスによるトラヒックを軽減するための工夫

当サイトは、CGIやSSIを用いるページがありますが、 一般的に知られている方法でこれらのページを作成すると、 Webブラウザのキャッシュが有効に活用できません。そのため、当サイトでは、CGI や SSI でも、 可能な限り Last-Modified ヘッダを出力し(CGIではヘッダで出力し、SSIではXBitHackを使う)、 キャッシュが有効になるようにしています。 また、CGIでは、 Cntent-Length ヘッダも出力し、出力のサイズがどれだけかが分かるようにし、 体感速度が向上するようにしています(Netscape Navigator では、 Content-Length ヘッダ出力によって 何パーセントロードされたか分かる)。

参考Webサイト:

当サイトの HTML について

当サイトの HTML は、従来 W3Cで勧告されている HTML 4.01 Transitional で作成していましたが、 今後は順次 HTML 4.01 Strict への移行を行っていきます。

将来の XHTML 1.0 や XHTML 1.1 への移行も考えて、 HTML 4.01 Strict の文法を遵守することに 加えて、次のような制限もつけます。

HTML 4.01 Strict または HTML 4.01 Frameset への移行の完了した HTML ページには、 [Valid HTML 4.01!] というアイコンがページの下部に表示されます。 HTML 4.01 Transitional のページにはこのアイコンは付けません。 ただし、フレーム内に表示されるページで target 属性を使用している以外は HTML 4.01 Strict としても問題がないと判断されたページにはこのアイコンを付けます。

ページの見栄えに関する部分は、 CSS に分離します。 CSS level 2 (CSS2) に適合する Web ブラウザでは著者の意図するデザインで閲覧することができます。 CSS2 に対応していない Web ブラウザでも、内容を理解することができます。 なお、 CSS2 対応を済ませたページには、 [Valid CSS!] アイコンが付加されます。

できれば、 WAI で提唱された Web Content Accessibility Guidelines 1.0 (邦訳版) に従って全ての人がアクセス可能な文書を作成したい考えています。 しかし、残念ながらこれをチェックするのは多大な手間を要します。 特に、視覚障害者のために、当サイトにある膨大な量の時刻表と等価な音響的説明を作成するのは、 極めて困難です。したがって、 Web Content Accessibility Guidelines 1.0 への適合については、当分の間努力目標とします。

なお、当サイトの閲覧について問題がある場合は、遠慮無く webmaster@tomeibus.com に申し出てください。

当サイトでは、ページデザインを目的としたtable要素の使用は行っておりません。 ページデザインを目的として table 要素を使用すると、 table 要素内は table 全ての ロードが完了しなければ表示されず、表示されるまで待たされることになります。 ページ全体を tableタグで囲っていると、ページ全体がロードされるまで何も表示されず、 イライラさせられることになります。

また、当サイトでは、 Flash や Java は使用しておりません(当サイトには必要が無い)。 いきなりページをロードしたときに音楽が流れ出すこともありません。 JavaScript は掲示板などの入力チェックの目的でのみ使用しています。 (ブラウザのstatusラインにテロップを流してリンク先を分からなくさせるようなマネはしておりません。) JavaScript は有効にしておくのを推奨しますが、 JavaScript が無効になっていても 問題はありません。

註: JavaScript については、今後、既存ブラウザの対応状況を見ながら ECMAScript や W3C DOM への準拠をすすめていく予定です。

参考Webサイト:

当サイトで使用する画像ファイルについて

当サイトでは、画像ファイルとして PNG 形式と JPEG 形式を使用しています。 米UNISYS社の特許技術を用いている GIF 形式は使用しません (ただし、他のサイトで配布されているアイコンは除く)。 今ではほとんどのブラウザが PNG, JPEG 形式に対応しているので、あまり問題はないと思いますが、 PNG, JPEG 形式に対応していないブラウザで閲覧の場合は、外部ビューワを使用して閲覧してください。

参考Webサイト: